• 埼玉県さいたま市岩槻区本町1-1-2 
    岩槻駅前ビル2・3F
    東武アーバンパークライン「岩槻駅」東口徒歩1分
お問い合わせ・ご予約 048-767-7007
Web予約

眼瞼下垂・逆さまつ毛

眼瞼下垂

眼瞼下垂は何らかの原因によって上眼瞼(上のまぶた)が下がってくる状態のことです。それにより上方の視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりする不都合が生じます。上眼瞼の挙上には上眼瞼挙筋(動眼神経支配)とミュラー筋(別名:瞼板筋、交感神経支配)の収縮が携わっており、これらどちらかの筋肉やそれを支配する神経の機能が落ちることで起こります。原因は大きく先天性と後天性に分けられます。
当院では後天性の眼瞼下垂に対して手術で治療を行っています。先天性の眼瞼下垂で手術が必要な場合は埼玉県立小児医療センターへご紹介致します。
後天性で最も多いのは、加齢によるもので、上眼瞼挙筋の腱の伸展によって起こります。また、最近ではコンタクト装用者(特にハードコンタクト装用者)が増加しており、同様の原因により眼瞼下垂が起こります。
後天性ではこの他にも外傷や神経麻痺によるもの(脳動脈瘤や糖尿病などによる動眼神経麻痺や肺癌などに伴う交感神経麻痺(ホルネル症候群))、神経と筋肉の間のトラブルである重症筋無力症などがあり、これらは他の眼の症状や全身症状を伴うことも多いです。
また、一見すると眼瞼下垂のようにみえる眼瞼皮膚弛緩症(過剰な皮膚が上眼瞼を越える)や甲状腺眼症のように片眼の瞼裂開大により相対的にもう片方の眼が下垂しているようにみえることもあるため、注意が必要です。皮膚弛緩により、瞼が下がって見えるものに対しては余剰皮膚を切除する手術を行っております。
治療は手術であり、比較的挙筋の機能の良い眼瞼下垂(加齢性、コンタクトレンズ、ホルネル症候群など)は回復が見込めます。

内反症

一般的に「逆さまつげ」と呼ばれるものです。まつげが何らかの原因で角膜(くろめ)に接触した状態をいいます。
まつげは本来、まぶたの縁から外側(眼球とは反対方向)へ自然にカールして眼球にあたらないようになっています。内反症は「睫毛乱生」「睫毛内反症」「眼瞼内反症」の3つの病名を含んでいます。

睫毛乱生

まぶたの向きには異常がなく、正常なまつげの中で何本かが眼球に向かって生えている状態を指します。まつげの毛根の周囲で起きた炎症による傷跡などが原因で、まつげの生える方向が不規則になってしまうものです。

睫毛内反症

乳幼児において、まぶたの向きが正常にも関わらず、下まぶたの皮膚や皮下脂肪が過剰なことが原因で、盛り上がった皮膚によってまつげが眼球の方向に押し込まれている状態です。4~5歳になって顔が引き締まってくると治ることが多いため、あまり程度がひどくなければ経過をみます。

眼瞼内反症

まつげだけではなく、まぶた全体が内側(眼球の方向)を向いてしまう状態です。主に加齢によって、下まぶたを支えている組織やまぶたを閉じる筋肉がゆるんだり、まぶたの皮膚がたるむことが原因とされています。

内反症の症状

角膜に常に傷がつき、ゴロゴロしたり涙が出たり、充血が続くことがあります。重症の場合は視力が低下することもあります。

内反症の治療

症状がひどいケースでは手術が必要となります。逆さまつげを切ったり抜いたりすると、今度は先がとがったまつげが生えてきて角膜を傷つける場合があるので、自己処理は注意が必要です。

眼瞼下垂・逆さまつ毛画像1
やながわ眼科

院長:柳川 隆志 / 副院長:柳川 英里子/
診療内容:眼科

お電話でのお問い合わせ・ご予約 048-767-7007

〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町1-1-2 
岩槻駅前ビル2・3F

最寄駅東武アーバンパークライン「岩槻駅」東口徒歩1分

診療時間
9:00~12:30
14:30~17:30 ●/手術 手術 ●/手術

予約制外来  休診: 土曜午後、日曜祝日
水曜午後:14:30~17:00(12/1より変更となっております。)

アイフレイル

当院は「アイフレイルドクター」です。

048-767-7007 Web予約