• 埼玉県さいたま市岩槻区本町1-1-2 
    岩槻駅前ビル2・3F
    東武アーバンパークライン「岩槻駅」東口徒歩1分
お問い合わせ・ご予約 048-767-7007
Web予約

眼瞼けいれん・片側顔面けいれん

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんは、「まばたきの制御異常」もしくは「開閉瞼の切り替え故障」と捉えると分かりやすいです。まばたきや、瞼(まぶた)の開閉を制御しているのは脳の神経回路ですから、症状は目のあたりにありますが、中枢神経系の病気ということになります。まぶたのこうした運動障害に加えて、まぶしい、目の周辺が不快、痛い、目が乾く感じなど感覚過敏があるのも特徴です。さらに抑うつ、不安、不眠など精神症状を持つ人も半数近くあり、うつ病などと間違えられることもあります。
治りにくい病気で、40~50歳以上に多く、女性は男性の2.5倍もかかりやすいものです。目がまったく開けられないほど重症な例は少ないですが、一見しただけでは分からないような軽症例を含めると、日本には少なくとも30~50万人以上の患者さんがいると推定されます。
多くの場合は原因不明ですが、安定剤、睡眠導入薬、抗精神病薬の服用や化学物質への暴露が原因や誘因になっている場合は、可能な限りこれらの薬の服用を中止したり、暴露しないようにすることが大切です。
根本的に治す方法はありません。最も用いられる対症療法は、目の周りの皮膚にボツリヌス毒素Aを製剤にしたものを少量注射して、目をつぶる力を弱める方法です。

眼瞼けいれん・片側顔面けいれん画像1

片側顔面けいれん

片側顔面けいれんは片側の顔の筋肉が勝手に収縮したり弛緩したりしてピクピク動くものです。
顔の筋肉には、目を閉じるための筋肉、笑うときに使う筋肉、口を閉じたり開けたりするときに使う筋肉などがあります。このような筋肉が勝手に動いてしまうことの原因の一つとしては、顔面の筋肉の動きを司る神経(顔面神経)が脳の中を走る動脈に触れることで圧迫・刺激を受けることが挙げられます。神経や圧迫・刺激をする動脈は、顔の左右に対称にあり、両方とも刺激されることは稀なため、顔面けいれんは片方に起こります。
頻度としては中年の、特に女性に多いとされています。
治療は根本的には神経への圧迫が原因とされるので、この圧迫を解除するような神経減圧術が行われることがあります。これは脳神経外科で行われるものです。眼科で行える対症療法としては勝手に動く筋肉に少量のボツリヌスA製剤を注射する方法があります。

眼瞼けいれん・片側顔面けいれん画像2
やながわ眼科

院長:柳川 隆志 / 副院長:柳川 英里子/
診療内容:眼科

お電話でのお問い合わせ・ご予約 048-767-7007

〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町1-1-2 
岩槻駅前ビル2・3F

最寄駅東武アーバンパークライン「岩槻駅」東口徒歩1分

診療時間
9:00~12:30
14:30~17:30 ●/手術 手術 ●/手術

予約制外来  休診: 土曜午後、日曜祝日
水曜午後:14:30~17:00(12/1より変更となっております。)

アイフレイル

当院は「アイフレイルドクター」です。

048-767-7007 Web予約